FC2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム »インストール
このページの記事一覧

【Git】Git を Windows GUI ローカル環境で使う  


Git ってクラウド用って勝手に思ってたけど、色々調べてたら特にサーバってなくてもいいのね。ただの自分用の開発に使うだけなので、ローカル環境のみで SourceTree という GUI ツールを導入して、サクっと管理してみようと考えた。そんな方法。


SourceTree

まずは、「Git」 のインストール(Windows版)。

1.exe バイナリをダウンロードする。
http://msysgit.github.io/

2.起動したインストーラーで、適当な場所にインストールする(D:\Git など)。
※環境オプションは
● Use Git Bush only をチェック
● Checkout as-is, commit Unix-style line endings をチェック

3.Windows の環境変数:PATH を確認し、インストールしたパスの /bin パスが追加されていなければ、追加しておく(D:\Git\bin など)。


次に GUI の Gitクライアント「SourceTree」をインストール(Windows版)。

1.exe バイナリをダウンロードする。
http://www.sourcetreeapp.com/

2.起動したインストーラーで、適当な場所にインストールする。

3.ユーザー名や E-mail などは普段使っている Git アカウントを入れておく(ローカル専用なら適当でもいいかも)。Bitbucket 設定はとりあえずスキップして良い。



とりあえず必要なものはインストし終わったので、さっそく試してみる。


まずは、「保存用(共有用)リポジトリ」の作成。

1.適当なフォルダを作成し(E:\repo\adt など)、コマンドプロンプトでその場所に移動する(エクスプローラで右クリック → Git Bush でも良い)。

2.コマンドラインで --bare オプションを指定して、ベアリポジトリ(開発環境としてではなく保存用領域として認識させる)を作成する。
git init --bare

3.とりあえずこれで完成。あとはいじらない。


次に、普段編集する「作業用リポジトリ」を作成をする。

1.とりあえず適当に作業用フォルダを作る(D:\work\adt など)。

2.SourceTree を起動し、ツールバーの「新規/クローンを作成する」を押す。

3.「リポジトリをクローン」タブで、「元のパス/URL」に保存用フォルダ(E:\repo\adt など)を、「保存用のパス」に作業用フォルダ(D:\work\adt など)を指定する。既にリポジトリが作成されている場合は「作業コピーを追加」タブで作業用フォルダを指定、「リポジトリ」メニューから「リモートを追加」でフォルダを指定すれば良い。

4.ここで適当にファイルなどを作業用フォルダに追加する(test.txt など)。

5.新しくファイルなどを追加した場合、「作業ツリーのファイル」に表示されると思うが、無視したいファイルなどは、ツールバーの「設定」を開き、「詳細」タブに切り替え、リポジトリ固有の無視リスト(.gitignore)ファイルを編集する。

(参考)SourceTreeで指定フォルダをコミット対象外にする.gitignore設定

6.「作業ツリーのファイル」の横のチェックボックスにチェックを入れると、「Index にステージしたファイル」に移動するので(量によっては時間がかかる)、完了したら、ツールバーで「コミット」を押す。

7.コメントやオプションなどを選択し、実行すれば結果が表示され完了。



この環境のままでも、GitHub はそのまま使えるので、サンプルなどダウンロードするのもいいね。

また、保存用フォルダを共有フォルダにして LAN 上でもできるみたいだから、使ってないPCをファイルサーバ代わりに使うのもいいかもね。その場合は RSA 鍵生成などの設定も必要になるみたいだが…?(←未確認)

ローカル環境のみなら、非常に簡単に構築できるので、デザイナーさんなどもイラストの進捗保存用に使っている人もいるみたい。確かにブランチ追加すれば、色換えなんかも簡単だし、半永久的な履歴にもなるしね。

SVN はファイル数が多くなると使いづらいので、ローカルでも使えるなら Git の方が断然楽だ。


スポンサーサイト

category: 環境構築

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: Git  SourceTree  バージョン管理  開発ツール  インストール 
tb: 0   cm: --

【node.js】Windows版 node.js をインストールして使う  


今回はサーバーサイド JavaScript として有名な node.js をインストールして使ってみる。


まずは、インストール(Windows版)。

1.msi バイナリをダウンロードする。
http://nodejs.jp/nodejs.org_ja/

2.起動したインストーラーで、適当な場所にインストールする(D:\nodejs など)。

3.Windows の環境変数:PATH を確認し、追加されていなければ、インストールしたパスを追加する。

4.適当なワークフォルダなどを作り、テキストエディタで「hello.js」という空ファイルを作る。

5.公式サイト(http://nodejs.org/)に掲載されているコードを、先ほどの「hello.js」にコピペする。
↓以下の部分
var http = require('http');
http.createServer(function (req, res) {
res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
res.end('Hello World\n');
}).listen(1337, '127.0.0.1');
console.log('Server running at http://127.0.0.1:1337/');

6.コマンドプロンプトで「hello.js」のあるフォルダに移動し、
node hello.js

と打ちこみ、サーバーを起動する(移動しないで絶対パス指定でも良い)。

7.「Server running at http://127.0.0.1:1337/」と出ていれば、サーバーの起動成功。

8.Webブラウザで「http://127.0.0.1:1337/」または「http://localhost:1337/」にアクセスすれば、ブラウザに「Hello World」が出力される。

9.サーバーを止めたいときは、起動しているコマンドプロンプトで「Ctrl + C」で停止させる。


とりあえず、動くまでは完了。ポート番号は自由に変えて良い。


あとは MongoDB などの連携とか、Express フレームワークなどの利用など色々あるが、Windows 環境だとなかなか上手く行かないね。あと最新バージョンと旧バーションでコマンドや環境変数名が違うみたい。資料によって違うので困った(笑)。

ちなみに私の環境では、Express フレームワークのインストールは、
npm install -g express-generator

のように express-generator を付けないと、「express.cmd」がインストールされず、「express が見つかりません」のようなエラーが出た。

また、起動方法は、
node app.js

ではなく、
npm start

みたい。確かに「app.js」のソースみたら、「http.createServer()」が見当たらず、「package.json」のソースに
"scripts": {
"start": "node ./bin/www"
}

とあるんだよね。ここから起動するのか…。

あとは、node.js のバージョン管理ツール「nodist」なども環境変数名は「NODIST_HOME」ではなく、「NODIST_PREFIX」でインストしたルートディレクトリを指定しないとダメだった。バージョンにもよるみたい。

その辺はまたきちんと動いたらまとめよう…。


(関連記事)
【MongoDB】Windows版 MongoDB をインストールして使う


category: 環境構築

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: 開発ツール  インストール 
tb: 0   cm: --

【MongoDB】Windows版 MongoDB をインストールして使う  


ドキュメント指向DBと言われる MongoDB をインストールして使ってみる。
覚えやすいように RDBMS や SQL と結びつけて考えてみる。


まずは、インストール(Windows版)。

1.msi バイナリをダウンロードする。
http://www.mongodb.org/downloads

2.起動したインストーラーで「Custom」を選び、インストールするディレクトリを変更する。

3.インストールしたディレクトリの「bin」に パスを通す(D:\MongoDB\bin など)。

4.インストールしたディレクトリにデータベース用の「data」フォルダ(D:\MongoDB\data など)、ログ用の「logs」フォルダ(D:\MongoDB\logs など)を作る(※権限も書き込み可が良い)。

5.コマンドプロンプトからサービスを起動する(オプションに「data」と「logs」のパスを指定)。
mongod --dbpath D:\MongoDB\data --logpath D:\MongoDB\logs\mongodb.log
※常駐させたいときは、--install オプションを追加して、サービスコントロールパネル(Win8なら、タスクマネージャーのサービス)等で、MongoDB の状態を「開始」にすれば良い(確認済)。またはサービス名を付けて(--serviceName)、net コマンドあたりでもできるかも(未確認)。

6.もう1つコマンドプロンプトを開いて、今度は MongoDB のコマンドラインクライアントを起動する(mongo.exe)。
mongo

7.MongoDB shell が起動すれば完了。help でヘルプ、exit で終了できる。



とりあえず、RDBMS にたとえると、「コレクション」がテーブルで、「ドキュメント」がレコードと考える。
「SQL:」と書いてあるのは、あくまで近いSQL文など。

以下、コマンドラインでの簡単な構文のテスト。

■データベースの一覧 [SQL: show databases]
> show dbs

■データベースの切り替え(※名前を指定) [SQL: use]
> use test

■コレクション(テーブル)の一覧 [SQL: show tables]
> show collections


※以下 db.things を現在のコレクションとする。なお、コレクションは自動で作られる(SQL: create table は不要)。

■ドキュメント(レコード)の追加 [SQL: insert]
> db.things.save( {"name":"Taro", "age":19} );

■ドキュメント(レコード)の一覧 [SQL: select * ]
> db.things.find();

■ドキュメント(レコード)の更新 [SQL: update]
> db.things.update( {"name":"Taro", "age":19}, {"name":"T-row", "age":20} );

■ドキュメント(レコード)内の数値インクリメント(更新)
> db.things.update( {"name":"T-row", "age":20}, { $inc : {"age":1} } );

■ドキュメント(レコード)の削除 [SQL: delete]
> db.things.remove( {"name":"T-row"} );


最近の更新の早いシステムは、確かに RDBMS では限界があるよね。カラム増やすと無駄も多くなるし。
その点、このデータ構造ならいつでもカラム増やせるし、仕様変更も楽な気がする。
データは JSON なので、通信もやりやすいし、構文もプログラマ向けだね。


(関連記事)
【Java】【JSON】Google Gson(Json) を Eclipse にインポートして使う
【Java】【PHP】【JSON】JSON を PHP から送信して、Java で受信する
【Java】【PHP】【JSON】JSON を Java から送信して、PHP で受信する



category: 環境構築

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: JSON  データベース  開発ツール  インストール 
tb: 0   cm: --

【Java】【Android】【JSON】Google Gson(Json) を Eclipse にインポートして使う  


 JSON 形式変換のライブラリはいくつかあるようだが、とりあえず Google の Json(Gson) をテストしてみる。
でもその前に、ライブラリのダウンロードと Eclipse へインポートして使う方法。

1.まずは、ライブラリは jar で提供されているので、以下からダウンロード。
https://code.google.com/p/google-gson/
https://code.google.com/p/google-gson/downloads/list

(*)どちらも同じ。「google-gson-2.x.x-release.zip」をダウンロード。
(*)左側にあるメニューまたは、上部タブの「Downloads」から。
(*)バージョンはリリースごとに異なる(掲載時点は 2.2.4)。

2.zip を解凍すると、以下のファイルが出てくるので、適当なフォルダに移動する。

gson-2.x.x.jar
gson-2.x.x-javadoc.jar
gson-2.x.x-sources.jar
LICENSE
README

3.Eclipse のパッケージエクスプローラーで使用するプロジェクトを右クリックし、「プロパティー」を開く。

4.左メニューの「Java のビルド・パス」をクリックし、「ライブラリー」のタブに切り替え、右の「外部 Jar の追加」ボタンを押す。

5.JAR の選択のダイアログが開いたら、先ほど解凍した「gson-2.x.x.jar」を選択する。これで一応使えるようになる。

6.さらに、Javadoc が使えるようにするには、読み込んだライブラリが「ビルド・パス上の JAR およびクラス・フォルダー」に表示されたと思うが、これの[+]をクリックし、展開させると「Javadoc ロケーション」が出てくるので、それをクリックし、右の「編集」ボタンをクリックする。

7.「gson-2.x.x.jar の Javadoc」のダイアログが出たら、「アーカイブ内の Javadoc」を選択し、「外部ファイル」の「参照」ボタンから、解凍した「gson-2.x.x-javadoc.jar」を選択する。

8.次にデバッグ時などのソースを見るためには、「ビルド・パス上の JAR およびクラス・フォルダー」の展開メニューから「ソースの添付」をクリックし、Javadoc の時と同じように右の「編集」ボタンを押して、ダイアログにて「外部ロケーション」のパスに「外部ファイル」ボタンで、解凍した「gson-2.x.x-sources.jar」を選択する。

(*)メニューは日本語化してある


 これで GSON (JSON) を使う準備は整った。


 あとは簡単なサンプルを試してみる。適当なデータ用の構造体(クラス)を作って、JSON 形式に変換するのと、その逆に JSON 形式のテキストから、データ用の構造体(クラス)に値を受け取るテスト。

//データ格納用クラス(構造体)
public class Data {
public String name;
public int age;
public boolean male;

public Data(String name, int age, boolean male) {
this.name = name;
this.age = age;
this.male = male;
}
}

//テストのメイン... (※例外処理は省略)
//適当にデータを定義
Data data1 = new Data("Tom", 20, true);

//データ用クラス から、JSON 形式に変換
Gson gson = new Gson();
String text1 = gson.toJson(data1);

//確認
System.out.println("[Data1]");
System.out.println(text1);


//適当にJSON 形式のテキストを定義
String text2 = "{\"name\":\"Betty\",\"age\":18,\"male\":false}";

//JSON 解析して、データ用クラスに代入
Data data2 = gson.fromJson(text2, Data.class);

//確認
System.out.println("[Data2]");
System.out.println("name = " + data2.name);
System.out.println("age = " + data2.age);
System.out.println("male = " + data2.male);

 結果は以下の通り。

[Data1]
{"name":"Tom","age":20,"male":true}
[Data2]
name = Betty
age = 18
male = false

 とりあえず、簡単なものはOKと…。結構使いやすいな。あとは配列とか、日本語文字エンコーディングとか色々あるだろうけど、UTF-8 がデフォルトらしいので、Android でもそのまま使える。

(参考) JavaScript Object Notation (JSON)

(関連記事)
【Java】【PHP】【JSON】JSON を PHP から送信して、Java で受信する
【Java】【PHP】【JSON】JSON を Java から送信して、PHP で受信する
【MongoDB】【Windows】Windows版 MongoDB をインストールして使う


category: Android

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: JSON  インストール  通信 
tb: 0   cm: --

【ADT】【Eclipse】「android-support-v4」の競合(Version,Revision違い)の修正方法  


 先日、ADT をまるごと更新したのは良いが、新しくプロジェクトを作ったら、以前に作ったプロジェクトとの競合が起きてしまった。Eclipse を起ち上げるたびに以下のエラーメッセージが出る。

Jar mismatch! Fix your dependencies
Found 2 versions of android-support-v4.jar in the dependency list,
but not all the versions are identical (check is based on SHA-1 only at this time).
All versions of the libraries must be the same at this time.
Versions found are:
パス: D:\Android\SampleMain\libs\android-support-v4.jar
長さ: 556198
SHA-1: 4a6be13368bb64c5a0b0460632d228a1a915f58f
パス: D:\Android\SampleLib\libs\android-support-v4.jar
長さ: 621451
SHA-1: 5896b0a4e377ac4242eb2bc785220c1c4fc052f4
Jar mismatch! Fix your dependencies

 ちょっと鬱陶しいので調べてみたら、どうやらサポートライブラリ「android-support-v4.jar」のバージョン違いが問題らしい。このライブラリは v4 の字のごとく、Android1.6(API4) でも以降の機能を擬似的に使用できる物だそうだが、主に Fragment の機能なので、必要なければ削除しても構わないという。

 または「android-support-library-archive一覧」などで SHA-1 のハッシュから、どちらかのバージョンを合わせるといい、なんて解決策もあった。

 でも、ちょっとメンドイね(笑)。だからとりあえず、最新版でサポートライブラリを合わせる、一番簡単な方法。


1.パッケージエクスプローラーで、右クリックメニューから「Androidツール」-「サポート・ライブラリの追加...」を開く。
2.ウィザードにしたがって、最新版をインストール。
3.これを関連しているプロジェクトに対して繰り返す。

※メニューは日本語化してある


これだけで上手くいった。


 そう言えば最近のADTでは、サポートライブラリが右クリックメニューで削除できなくなってるね。以前はできたんだけどな。Fragment は Android3.0(API11)以降で、元々はタブレット用の機能だから、Android2.2(API8)対応で使わないのなら、削除しても問題なく動いていたし。まぁ、Android4.0(API14)以降はむしろ推奨みたいだけどね。マニフェストファイルも右クリックでコメントアウトできなくなってるね(手入力ではできる)。非推奨もどんどん増えてきてるし、バージョンアップ早いのも、ある意味問題だな…。


(関連記事)
【ADT】なぜか ADT を更新できない
【ADT】Eclipse がいきなり落ちる
【ADT】Eclipse に Javadoc を設定する


category: トラブルシューティング

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: トラブルシューティング  インストール 
tb: 0   cm: --


プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR

▲ Pagetop