ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム »トラブルシューティング
このページの記事一覧

【Windows10】アップデート(CreatorsUpdate)で画面の色味(色調)が暗くなる  


 今回のアップデートはやけに長いな~と思ってたけど、再起動したらなんか暗い…。あと文字が見づらい…。起動時の壁紙が勝手に替わっている…。更にエクスプローラに「3Dオブジェクト」というフォルダが出来ていて邪魔だ…。どうやら CreatorsUpdate 特有の症状みたいだけど、以前にアップデートしたときは特に不具合無かったんだけどな…。


 とりあえず以下の記事で「3Dオブジェクト」フォルダは非表示にできた。
(参考) Windows10 「3Dオブジェクト」フォルダーを非表示にする手順


 本題の画面の色味(色調)なんだが、修正方法が動画くらいしかなかったので(動画って見るの面倒くさいんだよね…)、パッと見てわかるように手順を記事にしておこうと思った。簡単に言えば、コントロールパネルの「色の管理」ウィザードで修正すると直る


1.まずは「コントロールパネル」を開く。と言っても Windows10 になってからいつの間にかコントロールパネルが見えなくなってたりするので(以前は Windowsアイコンで右クリックメニューにあった気がするが、今は無い)、「Windowsを検索」アイコンを押して検索した方が早いだろう。

2.コントロールパネルを開いたら、表示方法が「カテゴリ」になってると見つけづらいので、「小さいアイコン」または「大きいアイコン」にしよう。そしたら「色の管理」を見つけて開く。






3.色の管理でダイアログが開いたら、タブで「詳細設定」に切り替え、「ディスプレイの調整」ボタンを押す。



4.「ディスプレイの調整」ボタンを押すと「画面の色調整」のウィザードが始まるので、あとは調整しつつ「次へ」で進めていく。






5.「明るさとコントラスト」の調整はスキップもできるみたいだが、調整する場合はウィザードを確認しながら、PCにインストールされている画面調整のアプリを起動して調整すれば良い(大抵タスクトレイに、モニタ調整用のアイコンなどがあるのでそれを起動する)。










6.調整が済んだら、最後に「前の調整」と「現在の調整」を比べてみるのも良いかも知れない(ここで「キャンセル」すれば調整前に戻るっぽい)。「前の調整」を押してみたら…暗っ!




7.画面の調整が終わったら、ついでに「ClearTypeテキストチューナー」(フォントの見やすさ設定)もしておいた方が良いかも知れない。ウィザード形式で、サンプルの文字列の中から自分が見やすいと思うものを選択して行くだけなので、説明はいらないだろう。






 今はアップデートは自動固定だからね。やろうと思えば停止もできるみたいだが、セキュリティの方が心配なのでどのみちやらざるを得ないのが現状。でも個人の設定を書き換えられるようなものはやめて欲しいものだ。今後もこういうことは多いと思うので、なるべく情報共有しておきたい。


(関連記事)
【WindowsXP】wuauclt.exe と svchost.exe のCPU使用率が100%占有で異常に重い


スポンサーサイト

category: トラブルシューティング

thread: Windows

janre: コンピュータ

tag: Windows10  トラブルシューティング 
tb: 0   cm: --

【UnrealEngine】クラッシュを手動で修復する  


 どうやらブループリントを編集しているときに、クラッシュする事が多いみたいだね。次回プロジェクトが起動できれば、復元オプションのようなものが出ることもあるが、プロジェクトの立ち上げ時にエラーが出てクラッシュする場合はどうにもできないので、手動で回復を試みたら上手くいった方法。ただし、あくまで最終手段というやり方なので、困り果てたときにやってみるのも良いかもしれない。


1.プロジェクトをランチャーから起動する前に、エクスプローラ(Windows)で、起動するプロジェクトのフォルダを開く。デフォルトだと「[マイ]ドキュメント\Unreal Projects」以下にプロジェクト名のフォルダで保存されている。その中の「Saved\Autosaves\Game」以下にオートセーブされたファイルが保存されている。その中から、最後に編集していたファイルと同じ名前のものを探す(例えば「(プロジェクト名)\Saved\Autosaves\Game\Blueprints\sample_Auto2.uasset」など)。ただし、ファイル名は「(ファイル名)_AutoX.(拡張子)」(Xは数字)となっている。何世代分か保存されているので、一番日付の新しいものを使えば良いだろう。

2.これを実際に使用しているファイルのあるフォルダ「Content」の中にコピーする(例えば「(プロジェクト名)\Content\Blueprints\sample_Auto2.uasset」など)。

3.そして、恐らく壊れていると思われる最後に編集していたファイル(例:「sample.uasset」)を削除し、コピーしたファイル(例:「sample_Auto2.uasset」)の「_AutoX」(Xは数字)をリネームで取り除き、元のファイルと差し替える。

4.プロジェクトをランチャーから起動する。


 また、「(プロジェクト名)\Saved\Logs」に「(プロジェクト名).log」にログが残っているので、テキストエディタで開き、「Error」や「Warning」で検索すれば、色々状況がわかる。ただ、情報が多すぎて特定は難しいと思ったら、最後にいじっていたファイルを疑うのが一番手っ取り早いかもしれない。


(参考)
UE4がクラッシュしてしまう時の対処方法


(関連記事)
【UnrealEngine】ランチャーがネットに繋がらない


category: UnrealEngine

thread: ゲーム開発

janre: コンピュータ

tag: UnrealEngine  トラブルシューティング 
tb: 0   cm: --

【UnrealEngine】ランチャーがネットに繋がらない  


 なぜかいきなりログイン(サインイン)できなくなった。オフラインでも作業はできるけど、マーケットに繋がらないと素材がダウンロードできないので、調べてみたらフォーラムにいくつか解決方法があった。その中で一番簡単で上手くいった方法。

1.「Epic Games Lancher」のショートカットを右クリックし、メニューから「プロパティ」を開く。

2.「リンク先」の一番最後に半角スペースを1つ入れて「-http=wininet」を追加して、「OK」でダイアログを閉じる。


※Unreal Engine4.8.3/Windows10 で確認

 私の場合、修正後1度目のランチャー立ち上げで、自動アップデートしていたようだが、その後いつのまにか落ちていた(?)ので、Windows を再起動したら2度目は普通に立ち上がった。

 それでも上手くいかない場合は、アンチウィルスやファイヤーウォールなど、他の原因もあるかもしれないので、フォーラムやドキュメントを見た方が良いかもね。

(参考)
Ue4のランチャーが、ネットワークに接続しなくなってしまいました。
Troubleshooting Launcher Problems


(関連記事)
【UnrealEngine】クラッシュを手動で修復する


category: UnrealEngine

thread: ゲーム開発

janre: コンピュータ

tag: UnrealEngine  トラブルシューティング 
tb: 0   cm: --

【Android】【Java】Bitmap.getConfig() がなぜか null になる  


 う~ん、どうもこの問題は海外サイトまで調べたけど、いまいち原因は書かれてないな…。

 私が実験していたのは、他者のライブラリで画像も適当なサンプルを使っていたので、画像フォーマットの問題なのかと思ったのだが、同じ条件で新しく作った画像でも、片方は上手くいって、片方は null が返ってきたりする…。なんじゃこりゃ。

 というわけで、あまりいい対処法は見つからなかった。無理矢理やるなら、try~catch で 囲って、エラーが出たら、Config.ARGB_8888 でやるしかないのかもね。Android のバージョンにもよるみたいなことも書いてあったが、詳細は不明。

 例えば、

Bitmap image1, image2;
try {
image1 = BitmapFactory.decodeResource(getResources(), drawableID);
image2 = image1.copy(image1.getConfig(), isMutable); //getConfig() = null になることがある
} catch (Exception e) {
image2 = image1.copy(Config.ARGB_8888, isMutable); //こっちなら大丈夫
}

みたいな感じに。

 Bitmap.createBitmap(w, h, image.getConfig()) みたいなコードもね。取得できないことがたまにあるので、エラーが出る。使わない方が無難かな…。


category: Android

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: グラフィックス  トラブルシューティング 
tb: 0   cm: --

【Android】【Eclipse】【JNI】【Cygwin】Eclipse に GNUMAKE を設定する  


 Windows 環境で cocos2d-x の構築をしてみてるんだが、なかなか一筋縄では行かないな。やっぱ Mac 環境がデフォルトなのね…。

 Eclipse に「COCOS2DX」には cocos2d-x のインストパスを、「NDK_ROOT」には Android NDK のインストパスを設定しただけでは「make が見つからない」とエラーが出てコンパイルに失敗する。

ERROR: Your GNUMAKE variable is defined to an invalid name ~
Please fix it to point to a valid make executable (e.g. usr/bin/make)

「GNUMAKE」は以下の設定で上手く行った(絶対パスではない)。

1.「ウィンドウ」-「設定」から「C/C++」-「環境」で「追加」ボタンを押す。

2.名前に「GNUMAKE」、値に「/usr/bin/make」を登録する。

※Windows の PATH(環境変数)に Cygwin のインストールした bin のパスも登録して置いた方が良い(C:\cygwin64\bin; など)。
※ADTやNDK、Cygwin などのインストール場所は "Program Files"の様に空白(スペース)がパス名に入ると、上手く動かないことが多いので注意。
※make.exe 自体が入ってないときは以下を参考に(make を追加インストール)。

(参考) Mintty(Cygwin) で make コマンドが使えない時の対処法

※メニューは日本語化してある


 Mintty も私がインストしたバージョンではデフォルトでインストされなかった。追加インストールしておいた方が良いね。やり方は上記の参考サイトのやり方で「mintty」を検索対象にすれば良い。


category: Android

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: cocos2d  開発ツール  トラブルシューティング 
tb: 0   cm: --
IS<インフィニット・ストラトス> アーキタイプ・ブレイカー
キルドヤ


プロフィール

Twitter

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR

▲ Pagetop