fc2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム »トラブルシューティング
カテゴリー「トラブルシューティング」の記事一覧

【Git】SourceTreeがスプラッシュだけで起動しない  


 最近、微妙にトラブル続きだな…。タイトルの通り、SourceTree を起動しようとすると、スプラッシュ画面だけ出て、すぐに落ちる現象がまた出た。
 これは過去にも何度か起こってるけど、毎回ググって確認するのも面倒になったので(笑)、完全に個人的メモ。

(※) SourceTree version 3.4.6 / Windows11(x64) で確認

 対処法はググれば出てくる方法と全く同じで、Windows の場合、

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Atlassian

以下に、

SourceTree.exe_Url_(ハッシュ値のような文字列)

というフォルダがあるので、それを削除する。



 AppData フォルダ等が隠し属性になってる場合は、エクスプローラの表示メニューから「隠しファイル」をオンにすれば見えるようになる。

 一度削除すると、SourceTree が起動できるようになる。起動したらまた新しいのフォルダが作られるが、起動できなくなったら、また削除すれば良い。
わりと昔から何度もやってるが、バージョン違っても、今のところこの方法でいけるようだ(Atlassian フォルダへのショートカットを作っておくと簡単)。
何年も前から同様なので、まぁそういうものなのだろう(笑)。

(参考)
SourceTreeが起動しなかった時の対処法のメモ
SourceTreeが起動しない時の対処法【SourceTree】


(関連記事)
【Git】Git を Windows GUI ローカル環境で使う (SourceTree)
【Windows11】WindowsUpdate KB5032190 をインストールすると、エクスプローラが起動しなくなる?
【Windows11】右クリックメニューを Win10 以前のものに戻す
【Windows11】フォルダーの種類の最適化を無効にする
【Windows10】アップデート(CreatorsUpdate)で画面の色味(色調)が暗くなる
【WindowsXP】wuauclt.exe と svchost.exe のCPU使用率が100%占有で異常に重い


スポンサーサイト



category: トラブルシューティング

thread: 問題と解決

janre: コンピュータ

tag: Git  SourceTree  バージョン管理 
tb: 0   cm: --

【Windows11】WindowsUpdate KB5032190 をインストールすると、エクスプローラが起動しなくなる?  


※恐らく、環境依存もあると思うので、あくまで情報の1つとして、自己責任で実行して下さい。

(※) Windows11 Home ver.22H2 で確認

 一応、2度同じことがあったので、メモ。

 たぶん環境依存だとは思うが、以前にも WindowsUpdate 後にエクスプローラが起動しなくなってしまったので(エクスプローラのアイコンをクリックすると、一瞬画面全体が真っ黒になって、しばらくするとデスクトップに戻る=システムログではエラーで explorer.exe (explorerFrame.dll) が落ちてるらしい)、再度 WindowsUpdate をアンインストールしたら直ったのを記録しておく。一応、次の WindowsUpdate は 5週間後にしておいたが、自動アップデートってたまに爆弾になるので、ちょっと困るね…(「更新してシャットダウン」となっていて、気が付かずに次の日に使えなくなってると、かなり困る…)。

 修正方法は Windowsキーから「設定>Windows Update>更新の履歴」を開き、下の方へスクロールして「更新プログラムをアンインストールする」をクリックする。そして「KB5032190 をアンインストール」する。



 結構長くかかると思うが(短いときは分割インストールなのか、何度かアンインストールする必要があるかも)、完了したら Windows を再起動する。

 なぜかもう一度見ると一覧に KB5032190 があったりするが、エクスプローラは起動できるようになる。なんだこりゃ?

 エラーを見るとアンチウィルス(?)ともぶつかってる気もするが、とにかく KB5032190 をアンインストールすると直るのは確かなんだよね…。この手のエラーはインストールされてる色々なシステム同士の相性の可能性もあるので、環境にも依ると思う。まぁ、ちゃんと原因が特定できたら、追記しておこう…。

 しかし、ずっとこのまま WindowsUpdate 延期しまくっても、いつか問題出るだろうしなぁ…。さて、どうしたもんか…。自動アップデートって意外とやっかいだね…。|||orz



(2023/12/22 追記)
KB5033375 も原因かもしれない。セキュリティ更新で個別インストールしたら、エクスプローラが起動しなくなった。アンインストールしたら起動できるようになった。
(2024/01/27 追記)
KB5034123 をアンインストールしたら起動できるようになった(自動 WindowsUpdate 内)。

…これらに含まれてる何かが悪さしてるぽい…?。エクスプローラ自体少しずつ更新されてるから、古いままで更新しないオプションでもあれば、毎回アンインストールしなくて済むかもだが…。

 関係ありそうな記事も以下に載せておく。

Windows Update でエクスプローラーが開かなくなる



(関連記事)
【Windows11】右クリックメニューを Win10 以前のものに戻す
【Windows11】フォルダーの種類の最適化を無効にする
【Windows10】アップデート(CreatorsUpdate)で画面の色味(色調)が暗くなる
【WindowsXP】wuauclt.exe と svchost.exe のCPU使用率が100%占有で異常に重い


category: トラブルシューティング

thread: Windows 全般

janre: コンピュータ

tag: Windows  トラブルシューティング 
tb: 0   cm: --

【Windows10】アップデート(CreatorsUpdate)で画面の色味(色調)が暗くなる  


 今回のアップデートはやけに長いな~と思ってたけど、再起動したらなんか暗い…。あと文字が見づらい…。起動時の壁紙が勝手に替わっている…。更にエクスプローラに「3Dオブジェクト」というフォルダが出来ていて邪魔だ…。どうやら CreatorsUpdate 特有の症状みたいだけど、以前にアップデートしたときは特に不具合無かったんだけどな…。


 とりあえず以下の記事で「3Dオブジェクト」フォルダは非表示にできた。
(参考) Windows10 「3Dオブジェクト」フォルダーを非表示にする手順


 本題の画面の色味(色調)なんだが、修正方法が動画くらいしかなかったので(動画って見るの面倒くさいんだよね…)、パッと見てわかるように手順を記事にしておこうと思った。簡単に言えば、コントロールパネルの「色の管理」ウィザードで修正すると直る


1.まずは「コントロールパネル」を開く。と言っても Windows10 になってからいつの間にかコントロールパネルが見えなくなってたりするので(以前は Windowsアイコンで右クリックメニューにあった気がするが、今は無い)、「Windowsを検索」アイコンを押して検索した方が早いだろう。

2.コントロールパネルを開いたら、表示方法が「カテゴリ」になってると見つけづらいので、「小さいアイコン」または「大きいアイコン」にしよう。そしたら「色の管理」を見つけて開く。






3.色の管理でダイアログが開いたら、タブで「詳細設定」に切り替え、「ディスプレイの調整」ボタンを押す。



4.「ディスプレイの調整」ボタンを押すと「画面の色調整」のウィザードが始まるので、あとは調整しつつ「次へ」で進めていく。






5.「明るさとコントラスト」の調整はスキップもできるみたいだが、調整する場合はウィザードを確認しながら、PCにインストールされている画面調整のアプリを起動して調整すれば良い(大抵タスクトレイに、モニタ調整用のアイコンなどがあるのでそれを起動する)。










6.調整が済んだら、最後に「前の調整」と「現在の調整」を比べてみるのも良いかも知れない(ここで「キャンセル」すれば調整前に戻るっぽい)。「前の調整」を押してみたら…暗っ!




7.画面の調整が終わったら、ついでに「ClearTypeテキストチューナー」(フォントの見やすさ設定)もしておいた方が良いかも知れない。ウィザード形式で、サンプルの文字列の中から自分が見やすいと思うものを選択して行くだけなので、説明はいらないだろう。






 今はアップデートは自動固定だからね。やろうと思えば停止もできるみたいだが、セキュリティの方が心配なのでどのみちやらざるを得ないのが現状。でも個人の設定を書き換えられるようなものはやめて欲しいものだ。今後もこういうことは多いと思うので、なるべく情報共有しておきたい。


(関連記事)
【WindowsXP】wuauclt.exe と svchost.exe のCPU使用率が100%占有で異常に重い


category: トラブルシューティング

thread: Windows 全般

janre: コンピュータ

tag: Windows  トラブルシューティング 
tb: 0   cm: --

【ADT】Eclipse がいきなり落ちる  


 ちょっと試したいことがあったので、随分と久しぶりに ADT を使ってみたら、色々と不具合が出て困った(笑)。今や Android Studio が公式ツールとなってしまったので、デフォルト状態では上手く動かない部分もあるみたい。ポップアップの Javadoc が見れなくなっていたとか、グラフィカルエディタを開くとエラーが出るとか色々あったが、やはり一番困ったのはタイトルの通り「いきなり落ちる」ことだった。前触れもなく突然起こるので保存もままならない。ググッてみると色々対処法があったけど、たぶん私の場合は JRE(JDK) のバージョン不具合(ツールとの相性?)みたいだった。ついでなのでいくつか見たポイントを記録しておこう。


※ADT 23.0.2 JUNO (Windows10) で確認 (adt-bundle-windows-x86_64-20140702.zip ← かなり古い)



■JRE(JDK) を古いバージョンに設定する

 最新版を使っていたりすると、かえって不具合を起こすことがあるので、古いバージョンを使用する方法。

1.Eclipse のメニューから「ウィンドウ>設定」を開く。

2.ダイアログの左側にある項目から「Java>インストール済みの JRE」を開く。

3.いくつかバージョンが入っている場合には以前のバージョンを選択(私の場合は最新(掲載時点)の「jre1.8.0_101」になっていたのが原因だったらしい)して「OK」で適用する。


※最新版しかない場合は Pleiades All in One のような統合開発環境 Eclipse にいくつかバージョンが入っていたりするので、ダイアログの右側にある「検索」ボタンを押して、インストールしたフォルダを検索すれば、自動で追加される。

4.必要あれば、Eclipse のメニューから「プロジェクト>クリーン」で再ビルドする。


 環境は人によって違うと思うので、一番良いのは以前使っていたバージョンに合わせることかな。そういえば cocos2d-x を試しているときにも、同じコードでもバージョンによって上手くコンパイルできたりエラーが出てたりしたので、バックアップなどを見て、その環境に近いものにしてみたら上手くいくかも知れない。



■Eclipse のキャッシュ(ヒープメモリ)サイズを変更する

 こちらを参考に。
(参考) Eclipse3.3.1が突然落ちる問題への対処法

 ADT をインストールしたフォルダ(eclipse)に「eclipse.ini」があるので、この設定ファイルを編集する方法。もちろん Eclipse の再起動が必要になる。

 ググッていたら、この対処法も非常に多かったので、もしかしたら効果があるかも知れない。私の場合はあまり直接の効果は無かったが、キャッシュのサイズをデフォルトの 256m から 512m に変えてみたら、起動やビルドが少しばかりスムーズになった気がするので、そのまま使っている。Eclipse のステータスバーのメモリ使用状況を見ているとよく 300M を超えていることも多いので、少なくとも 384m ぐらいにはした方が良いのかも知れない。



■Eclipse 起動時にクリーンを実行する

 Eclipse のショートカットを「右クリック>プロパティ」で開き、リンク先に「-clean」のオプションを付ける方法。


 毎回起動時にクリーンが実行されるが、エラーのキャッシュなどもクリーンされるので、わりと効果は高い気がする。何らかのアップデートやプラグインをインストールして立ち上がらなくなったときも、クリーンオプションを付けておくと上手く起動できることが多い

 pleiades などを入れている場合は、「eclipse.exe -clean.cmd」などもアーカイブに入っていたりするので、これを使っても良い(効果は同じ)。



■Eclipse のエラーログを見る

 こちらを参考に。
(参考) Eclipseが起動しなくなったときの対応の要点だけ

 エラーログは普段使用しているワークスペースの「.metadata」フォルダの中に「.log」があるので、これを適当なテキストエディタで開いて見る方法。私の場合よくわからなかったのだが「何かが足りない」類のログが残ってたので、バージョンダウンしたら上手く動くようになった。よくあることだけど、バージョンアップして使えなくなった機能や仕様変更されたものなどもあるので、そういった場合も古いバージョンに合わせた方が上手くいく場合が多い。



 まぁ、実際のところ、開発環境は安定しているバージョンをバックアップとして保存しておいた方が安全だね。とは言え、ハードディスクにバックアップだらけになってしまう欠点もあるけどね。特にサードパーティのソフトやプラグインの連携は想定のバージョンと違うと上手く行かないことも多いので(開発者がそれぞれ当時のバージョンを想定している場合が多いので)、統合環境みたいなものを保存しておくとイザというとき役に立つ。


 Java も 7 と 8 では微妙に使えるものがあったり無かったりするので(例えば ArrayDeque は API 9 (Android 2.3)以降、try-with-resources 文 は API 19(Android 4.4)以降しか使えない)、なるべく幅広い環境で使えるようなものを考えておくと良いかも知れない。





(関連記事)
【ADT】Eclipse に Javadoc を設定する
【ADT】なぜか ADT を更新できない
【ADT】「android-support-v4」の競合(Version,Revision違い)の修正方法
【Android】エラーをSDカードに書き出す
【ADT】【JNI】【cocos2d】error: 'transform' is not a member of 'std' の修正法


category: トラブルシューティング

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: ADT  Eclipse  開発ツール 
tb: 0   cm: --

【ADT】【JNI】【cocos2d】error: 'transform' is not a member of 'std' の修正法  


 Windows Eclipse 環境での cocos2d-x 構築は色々エラー出るね。困るのが日本語のドキュメントがあまりない…。なので英語のフォーラムから拾い読みするしかない。|||orz

~/cocos2d-x-2.2.5/projects/MyProject1/proj.android/../../../
extensions/CocoStudio/Reader/WidgetReader/LabelReader/LabelReader.cpp:54:9:
error: 'transform' is not a member of 'std'

 とりあえずの対処方法は以下の通り。

1.cocos2d-x のインストフォルダ以下の「extensions\CocoStudio\Reader\WidgetReader\LabelReader」フォルダにある「LabelReader.cpp」をテキストエディタで開く。

2.ファイルの頭に、

#include <algorithm>

の1行を入れる。


あと、cocos2d 2.x の場合、NDK は r8e でないとダメみたい。cocos2d 3.x の場合は NDK r9d だとか。Python は 2.x が良い。こりゃ、面倒くさいな…。

(参考) cocos2d-x 2.x + NDK r8e の開発環境構築
(参考) cocos2d-x 3.x + NDK r9d の開発環境構築


 色々やってみたが、「cocos2d-2.1rc0-x-2.1.2」と「android-ndk-r8e」が一番相性が良いっぽい(エラーが出ない)。

 とりあえず、cocos2d 版の Hello World を実機で動かせたので、これで行くか。しかし、こんなにそれぞれのバージョン違いでエラーに対処しなくてはならないのなら、いっそのこと一括セットのアーカイブを誰か作ってくれないかな(笑)。


(関連記事)
【ADT】Eclipse がいきなり落ちる


category: トラブルシューティング

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: ADT  Eclipse  cocos2d  開発ツール 
tb: 0   cm: --


プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR

▲ Pagetop