fc2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム »環境構築
カテゴリー「環境構築」の記事一覧

【Windows11】右クリックメニューを Win10 以前のものに戻す  


 ついでなので、Windows 系のメモを色々残しておく。まぁ、ググれば出てくるものだが、ネット記事っていつ消えるかわからないからね。常に記録しておくのがクセになってたりする(ローカルに色々残してある(笑))。

 Windows11 にアップグレードして一番最初に困ったのは「とにかく右クリックメニューが使いづらい」だったんだよね。なのですぐにググって速攻で直したよ。それくらい改悪と感じたのは初めてだったのかも(笑)。

 これも「レジストリをいじる」方法だね。いつかシステムから選択できるようになれば不要になるが、最近の Windows の Update は強制になってしまったので、いつ仕様が変わるかわからないしね。なのでメモは大事(笑)。

(※) Windows11 Home ver.21H2 で確認



■レジストリをいじって、右クリックメニューを Win10 時のものに戻す

1. まずはレジストリエディターを「Windowsボタン>検索」(スタートメニュー等)で「regedit」を入力し、起動しよう。管理者権限を求められたら「管理者として実行」で起動する。



2. レジストリエディターが起動したら、アドレスバーに

「コンピューター\HKCU\Software\Classes\CLSID」

をコピペし、Enter で移動する。

3.「CLSID」以下に「{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}」があればそれをクリックし、無ければ右クリックから「新規>キー」で「{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}」を作る。



4.「{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}」を選択した状態で、右ペインに「InprocServer32」というものがあればダブルクリックで開く。無ければ右クリックで「新規>文字列値」で「InprocServer32」を作る。

5.「InprocServer32」を開いたら、値のデータを空にして [OK] で終了。



 後は Windows を再起動すると、右クリックメニューが以前のものに戻っている。

 他には、DOSプロンプトやWindowsターミナルを起動して、以下を実行するのもあったね。これはかなり簡単で良かった。

●DOSプロンプトやWindowsターミナル等でコマンド実行する場合
reg.exe add "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}\InprocServer32" /f /ve

 コマンド実行は必要なら、バッチファイル(~.bat)にしておくのも良いかもね。バッチファイルの作り方はググれば出てくるだろう。ダブルクリックでいつでも実行できるようになるから覚えれば便利だ(まぁ、個人でこの設定を頻繁に使うことはないと思うが、システム屋さんには重宝されるかも(笑))。



 そう言えば、最近少し長めのアップデートが入ったと思ったら(推定:30分と書いてあったが、実際にはそれほどかからなかった)、今度は画面の上部にウィンドウのレイアウト配置のウィジェットみたいのが表示されるようになっていたよ。ウィンドウを動かすたびに出てくるから非常に邪魔だ。ただそれはウィンドウズの「システム>マルチタスク>ウィンドウのスナップ」をクリックして5つ程チェックボックスがあるが、それを全てオフにしたら消えた。ウィンドウのスナップ自体をオフにすると、[Win]+[Shift]+[←][→]でウィンドウのモニタ移動できなくなるから、オンにしたままにしたいんだよね。まぁ、設定で選択できるだけましかな。

 何らかのツールでレジストリクリーンアップ・最適化や Windowsアップデートのロールバックなどを行ったときは元に戻る可能性はあるけどね。ただ難しくはないと思うので、元に戻ってしまったら、再度設定すれば良いだろう。







スポンサーサイト



category: 環境構築

thread: Windows 全般

janre: コンピュータ

tag: Windows  トラブルシューティング 
tb: 0   cm: --

【Windows11】フォルダーの種類の最適化を無効にする  


 前回の脱線ついでに、ちょっとしたメモ的なものを載せておこう。

 Windows には困った機能があって誰もが一度は悩むんじゃないだろうか?それは『フォルダの自動最適化』という気の利いた余計な機能に…(笑)。

 私は普段開発ばかりやっているのだが、VRM Live Viewer もそうだが、最近は画像や動画、音楽など色々なメディアを扱うことも多い。それらをフォルダごとにまとめたりすると、勝手にプレビュー(サムネイル)を生成し出したり、情報カラムの表示項目を切り替えてしまったりするので、とても不便だったりする。実際にファイルサイズや更新日付など、わりと一般的なファイル自体の情報を確認したいことも多いので、そのたびに詳細に切り替えるのも面倒だ。

 ググるとエクスプローラの「フォルダー オプション」([…]>オプション)で「この表示方法をこの種類のフォルダーすべてに適用」すれば良いとあるが、なぜかしばらくすると勝手に自動最適化されてしまう。こればかりは本当に不便だ…(Macにはないらしい)。

 結局ググった情報の中で一番効果があったのは「レジストリをいじる」ことだった。これはわりと昔からある方法なのだが、Windows11 でも有効だったので、詳しく書いておこう。

 残念ながら、Windows は大きめのアップデートが入るとレジストリがリセットされるのか、元に戻ってしまうこともある。ただ年に1回もないので、再度設定するのも大変ではない。まぁ、レジストリをいじるので、自己責任でやるか否かを決めて欲しいが、Windows のバージョンによっても異なる可能性があるので、上手く行かなかったときは再度ググって調べた方が良いだろう。

(※) Windows11 Home ver.21H2 で確認



■レジストリをいじって、フォルダーの種類の最適化を無効にする

1. まずはレジストリエディターを「Windowsボタン>検索」(スタートメニュー等)で「regedit」を入力し、起動しよう。管理者権限を求められたら「管理者として実行」で起動する。



2. レジストリエディターが起動したら、アドレスバーに

「コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders」

をコピペし、Enter で移動する。



3.「AllFolders」以下に「Shell」があればそれをクリックし、無ければ右クリックから「新規>キー」で「Shell」を作る。

4.「Shell」を選択した状態で、右ペインに「FolderType」というものがあればダブルクリックで開く。無ければ右クリックで「新規>文字列値」で「FolderType」を作る。



5.「FolderType」を開いたら、値のデータに「NotSpecified」を入力して [OK] で終了。



 後は Windows を再起動すると、エクスプローラの自動最適化がされなくなる。この状態でエクスプローラの表示方法をの詳細や一覧などにし、「フォルダー オプション>この種類のフォルダーすべてに適用」を実行すれば良い。



 まぁ、何らかのツールでレジストリクリーンアップ・最適化や Windowsアップデートのロールバックなどを行ったときは元に戻る可能性はあるけどね。ただ難しくはないと思うので、元に戻ってしまったら、再度設定すれば良いだろう。ちなみに元に戻したいなら(自動最適化にしたいなら)、作った「FolderType」を削除するか、値のデータ「NotSpecified」を空にすれば良い。







category: 環境構築

thread: Windows 全般

janre: コンピュータ

tag: Windows  トラブルシューティング 
tb: 0   cm: --

【ADT】Eclipse に Javadoc を設定する  


 Android Studio が公式ツールになったせいもあり、随分と久しぶりに ADT を起動してみたら Javadoc が見れなくなっていた(ポップアップで中身がない)。色々調べてみたら、ただ URL が変わっていただけというオチだったが(笑)、また同じようなことは起こると思うので、とりあえず設定方法を記録しておこう。

※ADT 23.0.2 JUNO (Windows10) で確認 (adt-bundle-windows-x86_64-20140702.zip ← かなり古い)



■Android ライブラリの Javadoc 表示する

1.プロジェクトエクスプローラから、何でも良いので「Android プロジェクト」を右クリックし、メニューから「プロパティー」を開く。

2.ダイアログの左側にある項目から「Java のビルド・パス」をクリックし、「ライブラリ」にタブを切り替え、使用している Android SDK を展開する。その中の「android.jar」を更に展開すると「Javadoc ロケーション:~」が見つかるのでクリックし、ダイアログ右側にある「編集」ボタンを押す。



3.Javadoc の URL を設定できるダイアログが出てくるので、「Javadoc ロケーション・パス」に以下の URL を入れて「OK」ボタンを押す。

 https://developer.android.com/reference/

※古いバージョンは「http://」になっていて、上手くいかない(「https://」にする)。



※ローカルに Javadoc をダウンロードしてあるなら、「参照」から Javadoc のあるフォルダを指定しても良い(以前は sdk のフォルダに doc があった)。



■Java 標準ライブラリの Javadoc 表示する

1.プロジェクトエクスプローラから、何でも良いので「Java プロジェクト」を右クリックし、メニューから「プロパティー」を開く。

2.ダイアログの左側にある項目から「Java のビルド・パス」をクリックし、「ライブラリ」にタブを切り替え、使用している「JRE システム・ライブラリー」を展開する。その中の「rt.jar」を更に展開すると「Javadoc ロケーション:~」が見つかるのでクリックし、ダイアログ右側にある「編集」ボタンを押す。



3.Javadoc の URL を設定できるダイアログが出てくるので、「Javadoc ロケーション・パス」に以下の URL を入れて「OK」ボタンを押す。

 http://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/api/

※古いバージョンは「http://docs.oracle.com/javase/jp/8/api/」とか「http://java.sun.com/javase/jp/6/docs/api/」などになっていて、上手くいかない。



※ローカルに Javadoc をダウンロードしてあるなら、「参照」から Javadoc のあるフォルダを指定しても良い。



 いずれにしても URL は変更される可能性があるので、表示できなかったら、最新の URL を検索した方が良いだろう。

 また ADT の場合、API 22(Android 5.1) 以降、JRE 1.8.0.101 以降は不安定になるようなので、API 20(4.4W)、JRE 1.8.0.XX(2桁) あたりまでにしておいた方が無難かも知れない。API 23(Android 6.0) はエラーが出まくるし、JRE 1.8.0.XXX(3桁) はいきなり落ちたりするので使えない。それ以降のバージョンを使いたいのなら Android Studio など新しいツールを使った方が良いだろう。


(関連記事)
【ADT】「android-support-v4」の競合(Version,Revision違い)の修正方法
【ADT】なぜか ADT を更新できない
【ADT】Eclipse がいきなり落ちる


category: 環境構築

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: ADT  Eclipse  開発ツール 
tb: 0   cm: --

【Aptana】【JavaScript】Aptana Studio 3 の入力補完を編集する  


最近 JavaScript/HTML5 など Web 関連は Aptana Studio 3 を使ってみてるのだが、デフォルトで入っているコードテンプレートというか入力補完というか(MSはインテリセンスと呼んでいた)、微妙に修正したい部分があったので、Eclipse のように設定メニューからコードテンプレートの項目を探したが見つからなかった。調べてみたら「スニペット」を編集してくれとあったのでやってみた。あまり詳しく書かれている資料が見つからなかったので、画像付きで解説。

もし、スニペットのビューが開いてなければ、メニューから「ウィンドウ」-「ビューの表示」-「スニペット」で開き、右クリックから編集もできるのだが、もうちょっとわかりやすく、メニューからやってみる。今回は JavaScript を例にしてるが、他の言語でも変わらないと思う。


1.「コマンド」メニューから「JavaScript」-「Edit this bundle」を実行する。

2.プロジェクト・エクスプローラに「JavaScript [stable]」が開いたら、展開して「snippets」フォルダ内の「snippets.rb」をエディタで開く。


3.Ruby で書かれている(?)ようだが、とりあえず「s.trigger」が入力補完で候補を出すキーワード、「s.expansion」にコードテンプレートを書けば良いらしい。あと、「snippet t(:for)」とか「snippet "for (...)~"」の部分がアシスト(ポップアップの説明)で出てくるので、ユニークなものにしておく。


4.編集が終わったら、ファイルを保存して、「ファイル」メニューから「再開」を実行すれば、Aptana Studio が再起動して、編集した内容が有効になる。もちろん「スニペット」のビューからも使える。


(*) メニューは日本語化してある。


今回はサンプルとして「for ~ in」文を追加してみた。「${1:e}」「${2:Obejct}」のような部分は変数部分になるので、それぞれ適当に変えても良いだろう。とりあえず自分が追加したい構文に近いものをコピペして、適当に変えてみれば何とかなる(笑)。

●JavaScript 「for ~ in」 文 スニペット
  snippet t(:for_in) do |s|
s.trigger = "for"
s.expansion = "for (var ${1:e} in ${2:Obejct}) {
${1:e};
}"
end


余談だが、JavaScript の「for ~ in」文って、Java の「for ~ in」(foreach)とは動作が違うんだよね。配列などをなめるわけではなくて、オブジェクトプロパティをなめるものだったりする。少しまぎらわしいね。Perl や PHP なんかは foreach 構文で連想配列をよくなめることをするね。JavaScript には「forEach」「for each-in」構文などもあるようだが、ブラウザの互換性がないのだとか。まぁ、色々やってみるしかないね。

よく使うメソッドなんかも登録できないことはないね。まぁ、オブジェクトと無関係になってしまうが…。

●JavaScript 「addEventListener(type, listener)」スニペット
  snippet t(:addEventListener) do |s|
s.trigger = "addeventlistener"
s.expansion = "addEventListener(${1:type}, ${2:listener});"
end


私はサクラエディタなんかもよく使ってるけど、自分用の入力補完テンプレート作っておくと、すごく楽なんだよね。


(参考)スニペットの追加
(参考)Aptana Studio の日本語化
(参考)javascriptのfor-in文は、for-each文の代わりじゃない


category: 環境構築

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: JavaScript  開発ツール 
tb: 0   cm: --

【Git】Git を Windows GUI ローカル環境で使う (SourceTree)  


Git ってクラウド用って勝手に思ってたけど、色々調べてたら特にサーバってなくてもいいのね。ただの自分用の開発に使うだけなので、ローカル環境のみで SourceTree という GUI ツールを導入して、サクっと管理してみようと考えた。そんな方法。


SourceTree

まずは、「Git」 のインストール(Windows版)。

1.exe バイナリをダウンロードする。
http://msysgit.github.io/

2.起動したインストーラーで、適当な場所にインストールする(D:\Git など)。
※環境オプションは
● Use Git Bush only をチェック
● Checkout as-is, commit Unix-style line endings をチェック

3.Windows の環境変数:PATH を確認し、インストールしたパスの /bin パスが追加されていなければ、追加しておく(D:\Git\bin など)。


次に GUI の Gitクライアント「SourceTree」をインストール(Windows版)。

1.exe バイナリをダウンロードする。
http://www.sourcetreeapp.com/

2.起動したインストーラーで、適当な場所にインストールする。

3.ユーザー名や E-mail などは普段使っている Git アカウントを入れておく(ローカル専用なら適当でもいいかも)。Bitbucket 設定はとりあえずスキップして良い。



とりあえず必要なものはインストし終わったので、さっそく試してみる。


まずは、「保存用(共有用)リポジトリ」の作成。

1.適当なフォルダを作成し(E:\repo\adt など)、コマンドプロンプトでその場所に移動する(エクスプローラで右クリック → Git Bush でも良い)。

2.コマンドラインで --bare オプションを指定して、ベアリポジトリ(開発環境としてではなく保存用領域として認識させる)を作成する。
git init --bare

3.とりあえずこれで完成。あとはいじらない。


次に、普段編集する「作業用リポジトリ」を作成をする。

1.とりあえず適当に作業用フォルダを作る(D:\work\adt など)。

2.SourceTree を起動し、ツールバーの「新規/クローンを作成する」を押す。

3.「リポジトリをクローン」タブで、「元のパス/URL」に保存用フォルダ(E:\repo\adt など)を、「保存用のパス」に作業用フォルダ(D:\work\adt など)を指定する。既にリポジトリが作成されている場合は「作業コピーを追加」タブで作業用フォルダを指定、「リポジトリ」メニューから「リモートを追加」でフォルダを指定すれば良い。

4.ここで適当にファイルなどを作業用フォルダに追加する(test.txt など)。

5.新しくファイルなどを追加した場合、「作業ツリーのファイル」に表示されると思うが、無視したいファイルなどは、ツールバーの「設定」を開き、「詳細」タブに切り替え、リポジトリ固有の無視リスト(.gitignore)ファイルを編集する。

(参考)SourceTreeで指定フォルダをコミット対象外にする.gitignore設定

6.「作業ツリーのファイル」の横のチェックボックスにチェックを入れると、「Index にステージしたファイル」に移動するので(量によっては時間がかかる)、完了したら、ツールバーで「コミット」を押す。

7.コメントやオプションなどを選択し、実行すれば結果が表示され完了。



この環境のままでも、GitHub はそのまま使えるので、サンプルなどダウンロードするのもいいね。

また、保存用フォルダを共有フォルダにして LAN 上でもできるみたいだから、使ってないPCをファイルサーバ代わりに使うのもいいかもね。その場合は RSA 鍵生成などの設定も必要になるみたいだが…?(←未確認)

ローカル環境のみなら、非常に簡単に構築できるので、デザイナーさんなどもイラストの進捗保存用に使っている人もいるみたい。確かにブランチ追加すれば、色換えなんかも簡単だし、半永久的な履歴にもなるしね。

SVN はファイル数が多くなると使いづらいので、ローカルでも使えるなら Git の方が断然楽だ。


category: 環境構築

thread: ソフトウェア

janre: コンピュータ

tag: Git  SourceTree  バージョン管理 
tb: 0   cm: --


プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR

▲ Pagetop