fc2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム »2020年07月
2020年07月の記事一覧

【VRMLiveViewer】背景GLTFの設定リスト(使用例)  


 本来なら VRM Live Viewer やその他の VRM アプリでの 3D背景モデルの利用は、Unity でスケール等倍で作られることが多い GLB 形式を利用する方が簡単なのだが、なかなか一般的に配布される機会が少ないようなので、主に海外で配布されることの多い GLTF 形式の3Dモデルの設定のリストを代わりに載せておこう。

 これらは私が Twitter上のデモやスクショで実際に使用していた設定だ。ただし、キャラの身長やモーションの動き回る範囲などの関係で、その都度位置(Position)など再調整していることも多い。なので、その辺りは自由にやって欲しい。

 また、シェーダを変えて影が落ちるようにしたり、モデルを原点配置にする方法は別ページに詳しく書いたので、参考にして欲しい。

GLTF モデルを影が落ちるように修正して、アプリで利用する


(※) VRM Live Viewer 1.16以降 / Windows10(x64) で確認



■Sketchfab について

 Sketchfab とは海外の 3Dモデル共有プラットフォームである。配布形式は「Original format」で fbx や blend など色々な形式があるが、「Autoconverted format (gltf)」では GLTF に自動変換されたものがあるので、こちらをダウンロードすれば、VRM Live Viewer で直接読み込める。
※ただし、ものによっては上手く読み込めず、テクスチャが真っ白になったりするので、その場合は一旦諦めて下さい(Unity や Blender が扱えるなら、Original または、GLTF を UniVRM でシェーダ/マテリアルを再設定すれば、いけるかもですが…)



 Unity が扱えるなら、「Original format」の fbx などを落として、GLB に変換して扱う(スケールや回転を自分好みにしてしまう)方が簡単なこともあるが(または、UniVRM が入ってるプロジェクトに GLTF をドロップして、編集 → GLB出力)、ここではデモで使った設定ファイル(json)を掲載しておくので、3Dモデルを読み込んだ後に、適用して欲しい(解凍した .gltf と DLした .json をアプリにドラッグドロップするのが簡単)。
※v1.27 以降では zip のままロードすることもできますが、ものによってはテクスチャが上手く適用されない場合があります(?画像になる)。

 キャラの身長などによって、位置などは各自で微調整した方が良いかもだが、調整した値は「シーン」として保存しておくと、いつでも再現できるので簡単だ。また設定自体は各素材ごとに記憶されているので(設定パネルの「FileName」ごとに保存)、2回目以降は最後の設定値から編集できるようになる(シーンをロードした場合は各シーンに保存されている値が反映される)。





■背景GLTFの設定リスト

※設定ファイルは右クリックで「名前を付けてリンク先を保存」し、背景モデルをロードした後に、ドラッグドロップなどして適用して下さい。
※初回ロードでは、設定を適用するまで、スケールが大き過ぎて見えないことがあります。
※キャラの身長や、使っているモーションなどによって、位置などは再調整した方が良い場合があります。
影や光源色の影響を受けるようにしたいときは、シェーダを Unlit 系→ Standard 系(Unity での場合)に変更する必要があります。Standard に変更したときは、機械的にマテリアルをインスペクタで「Metalic: 0.5, Smoothness: 0」に設定すると簡単です。素材の反射具合などを細かく調整したいときは、マテリアルチャートを参考に値を決めると良いでしょう。
※リンク切れになってしまった場合は、ご了承下さい。
※リストは追加・変更・削除される場合があります。
※Android ではメモリが足りなくなる場合が多いので、注意して下さい。

 基本的に利用ライセンスは CC (クリエイティブ・コモンズ)のものをピックアップしてます。
 ランセンスの詳しい内容を知りたい場合は以下の資料等を参照して下さい。ほとんどの場合、そのまま使うのであれば、著作者・ライセンス表示だけで比較的自由に使えるライセンスです。「改変禁止」が提示されてなければ、手を加えて利用しても問題ありません。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは
FAQ よくある質問と回答


●Portal (First experiment)


Model: Portal (First experiment)
Author: shindiego.ds
License: CC BY
設定ファイル: portal_first_experiment_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Portal (Night version)


Model: Portal (Night version)
Author: shindiego.ds
License: CC BY
設定ファイル: portal_night_version_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
※基本的には Portal (First experiment) と同じ
>> デモ・スクショ等


●Imitation classroom stage (Fun made)


Model: Imitation classroom stage
Author: NewDOF
License: CC BY
設定ファイル: imitation_classroom_stage_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Tropical Island


Model: Tropical Island
Author: Elin
License: CC BY
設定ファイル: tropical_island_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Beat Saber Menu (Fun made)


Model: Beat Saber Menu
Author: Elin
License: CC BY-SA
設定:「3Dオブジェクトの配置」で 180度回転のみ
>> デモ・スクショ等


●imperial star destroyer hangar (fake 3D test)


Model: imperial star destroyer hangar (fake 3D test)
Author: Elin
License: CC BY
設定:「3Dオブジェクトの配置」で 180度回転のみ
>> デモ・スクショ等


●Winter Loft


Model: Winter Loft
Author: Elin
License: CC BY
設定:「3Dオブジェクトの配置」で 180度回転のみ
>> デモ・スクショ等


●Brutalist Loft


Model: Brutalist Loft
Author: Elin
License: CC BY
設定:「3Dオブジェクトの配置」で 180度回転のみ
>> デモ・スクショ等
※デモでは床のシェーダを Unlit → Standard (Metalic: 0.5, Smoothness: 0) に変更しています。


●Jedi Council (baked)


Model: Winter Loft
Author: Elin
License: CC BY
設定:「3Dオブジェクトの配置」で 180度回転のみ
>> デモ・スクショ等
※デモではシェーダを Unlit → Standard (Metalic: 0.5, Smoothness: 0) に変更し、空のドームを 20度回転して 1/4 にリサイズして ます(1000mを超えたものはクリッピングされるため)。
シェーダの変更のやり方はこちら


●Matrix Void


Model: Matrix Void
Author: Elin
License: CC BY
>> デモ・スクショ等
※デモではワイヤー状の床と、外壁のシェーダを Unlit → Standard に変更し、いくつかのオブジェとキャラの手前となる柱(カメラが引かれたときに、邪魔となる柱)を削除してます。
シェーダの変更のやり方はこちら
※また、ライトをキャラ照明を独立化し、外壁に向けて強めの光を当てて、発光してるように見せています。


●VR Alien Forest


Model: VR Alien Forest
Author: FDU_oficial
License: CC BY
設定ファイル: vr_alien_forest_with_download_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等
※かなり重いので、Android では落ちる可能性があります。


●Positano Cityscene


Model: Positano Cityscene
Author: Mathis Nowak
License: CC BY-NC
設定ファイル: positano_cityscene_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等
※かなり重いので、Android では落ちる可能性があります。


●3d Video Mapping Stage


Model: 3d Video Mapping Stage
Author: danartri
License: CC BY
設定ファイル: 3d_video_mapping_stage_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Rai Stageindoor


Model: Rai Stageindoor
Author: danartri
License: CC BY
設定ファイル: rai_stageindoor_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Endless Floor VR


Model: Endless Floor VR
Author: CG Daniel Glebinski
License: CC BY
設定ファイル: endless_floor_vr_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Japanese Room


Model: Japanese Room
Author: Hedgehog Boo
License: CC BY
設定ファイル: japanese_room_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Fantasy Game Inn


Model: Fantasy Game Inn
Author: pepedrago
License: CC BY
設定ファイル: fantasy_game_inn_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Groff_Pool_01


Model: Groff_Pool_01
Author: gomelchuck
License: CC BY
設定ファイル: groff_pool_01_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Floating Island of the Potion Brewer


Model: Floating Island of the Potion Brewer
Author: vilmariina
License: CC BY
設定ファイル: floating_island_of_the_potion_brewer_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●The Charterhouse Chapel


Model: The Charterhouse Chapel
Author: artfletch
License: CC BY
設定ファイル: the_charterhouse_chapel_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Leake Street Graffiti Tunnel


Model: Leake Street Graffiti Tunnel
Author: artfletch
License: CC BY
設定ファイル: leake_street_graffiti_tunnel.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等


●Southbank Undercroft Skatepark


Model: Southbank Undercroft Skatepark
Author: artfletch
License: CC BY
設定ファイル: southbank_undercroft_skatepark.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等
※デモでは一部のシェーダ(キャラが踊っている場所の床)を Unlit → Standard (Metalic: 0.5, Smoothness: 0) に変更しています → 詳しいやり方はこちら


●Runcie Court


Model: Runcie Court
Author: Blayne Jackson
License: CC BY
設定ファイル: runcie_court_scene.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等
※デモではシェーダを Unlit → Standard (Metalic: 0.5, Smoothness: 0) に変更しています → 詳しいやり方はこちら


●K/DA: Evelynn Dance Stage MoonLight Edition


Model: K/DA: Evelynn Dance Stage MoonLight Edition
Author: AnixMoon
License: CC BY
設定ファイル: kda_evelynn_dance_stage_moonlight_edition.json (右クリックで名前を付けてリンク先を保存)
>> デモ・スクショ等
※v3.1以降ならモデルは zip のままロード可






(関連記事)
【VRMLiveViewer】VRM(VRoid)をライブステージで踊らせるアプリを作ってみた
【VRMLiveViewer】GLBで床を作る(FloorMake_Sample の解説)
【VRMLiveViewer】魔法陣の床を作る
【VRMLiveViewer】GLBで壁を作る(WallMake_Sample の解説)
【VRMLiveViewer】GLBで背景モデルを自作する
【VRMLiveViewer】GLTF モデルに影が付くように修正して、アプリで利用する
【VRMLiveViewer】魔法陣の床を作る
【VRMLiveViewer】VRoid の衣装を発光させる


関連記事
スポンサーサイト



category: VRMLiveViewer

thread: ソフトウェア開発

janre: コンピュータ

tag: VRMLiveViewer  背景3Dモデル  GLTF 
tb: 0   cm: --


プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR

▲ Pagetop