fc2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム »2021年08月
2021年08月の記事一覧

【VRMLiveViewer】GLBで壁を作る(WallMake_Sample の解説)  


 あくまで VRM Live Viewer での壁の作り方となるが、配布している「WallMake_Sample」の簡単な使い方を解説しておこう。






(※) Unity 2019.4 / UniVRM 0.66 / Windows10(x64) で確認



 WallMake_Sample をインポートすると、シーンとアセット、スクリプト等が入っている。サンプルシーンは「Assets/VRMLiveViewer/WallMake/Scenes/」以下にあるので、開いて欲しい。Unity バージョンは GLB エクスポートに利用する UniVRM に合わせると良いだろう(掲載時点:UniVRM 0.66 の最低バージョン Unity2018.4 以降)
※なるべく「安定版(Latest stable version)」を利用した方が良いでしょう(安定版以外は致命的な不具合を含んでる場合があるため)。



 このシーンのカメラの位置やライトの設定は VRM Live Viewer を起動した初期の状態と同じになっている。

 シーンには原点となる「_Origin」と glb エクスポートする前のプレファブがずらりと並んでいる。キャラの代わりに Capsule も置いてあるが、標準的な身長のキャラがすっぽり入るくらいのサイズなので、テクスチャ等を壁に貼るときは、目安にするのも良いだろう。必要なら、カメラの視野角(Field of View)も 30 くらいにした方が良いかも知れない(この場合、距離などの調整も必要となる)。



 壁の色を変えるには、ヒエラルキー上のプレファブを展開し、「Plane, Plane back, Plane right」にセットされている Material の「Albedo」の色を変えれば良い。ちなみに色の名前は「HTMLカラー名」と同じになっている。実際には光源(ライト)の当たり具合で色の見え方は変わるので、あくまで目安くらいに考えて良いだろう。

HTMLカラー名・カラーコード表

 また、それぞれの Plane にテクスチャを貼るのも良いだろう(この場合は、それぞれに Material を作成する必要がある。Albedo の横にある ○ を押してテクスチャを当てて、色は白にする)。

 自分で作成した壁を GLB エクスポートするには UniVRM もインポートしよう。

UniVRM(一番上にある最新版の「Assets」からパッケージをダウンロードできる)
※なるべく「安定版(Latest stable version)」を利用した方が良いでしょう(安定版以外は致命的な不具合を含んでる場合があるため)。

 GLB のエクスポートの仕方は、ヒエラルキーのオブジェクトを選択して、メニューから「Export(glb)」するだけだ。

Glbエクスポート(UniVRM マニュアル)

 ちなみに、使えるシェーダはマニュアルを参考にして欲しいが、影が欲しい場合は、Standard、影を付けたくないときは UniGLTF/UniUnlit または Unlit/Texture などを使うと良い

対応しているShader(UniVRM マニュアル)

 glb をエクスポートしたら、VRM Live Viewer にファイルをドロップすればロードできるので、「3Dオブジェクトの設定」で回転や位置を調整したり、「ライトの設定」で光源の方向や影の濃さ等を調整、カメラの視野角を30以下にすると(またはアプリのオマケフォルダにある「固定カメラ_近.vmd」を使う等)、より良い感じになる。

 自分で1から作るとき注意して欲しいのは、エクスポートするオブジェクトのルートは必ず原点 (0, 0, 0) にした方が良いということだ。これは回転や伸縮の基準位置となるためで、原点でない場合、使い勝手の悪いものになってしまう場合がある。原点 (0, 0, 0) に空のオブジェクトを作り、その中に配置・調整してから glb エクスポートすると、アプリ内であまり調整しないで済む。活用して貰えれば嬉しい。

 少し複雑なオブジェクトなどを作ってみたい場合は、古くなってしまったが、以下の記事を参考にしてみるのも良いだろう。

【VRMLiveViewer】【Unity】GLBで背景モデルを自作する
【VRMLiveViewer】【Unity】GLB で床を作る(FloorMake_Sample の解説)







(関連記事)
【VRMLiveViewer】VRM(VRoid)をライブステージで踊らせるアプリを作ってみた
【VRMLiveViewer】GLBで床を作る(FloorMake_Sample の解説)
【VRMLiveViewer】魔法陣の床を作る
【VRMLiveViewer】GLBで背景モデルを自作する
【VRMLiveViewer】GLTF モデルに影が付くように修正して、アプリで利用する
【VRMLiveViewer】背景GLTFの設定リスト(使用例)
【VRMLiveViewer】VRoid の衣装を発光させる


関連記事
スポンサーサイト



category: VRMLiveViewer公式ドキュメント

thread: ソフトウェア開発

janre: コンピュータ

tag: VRMLiveViewer  背景3Dモデル  GLB 
tb: 0   cm: --


プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR

▲ Pagetop