FC2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム » Android »【Android】【Java】リソース名で、res/drawable-~ フォルダから、画像を読み込む(Bitmap)

【Android】【Java】リソース名で、res/drawable-~ フォルダから、画像を読み込む(Bitmap)  


ついでなので、「res/raw フォルダから、テキストファイルを読み込む」と同じように、リソース名を引数にした画像読み込み関数を書いておこう。

//リソース名で、res/drawable-~ フォルダから、画像を読み込む(Bitmap) (Android 用)
public static final Bitmap loadBitmapResource(String resName, Context context) throws IOException, FileNotFoundException {
final int id = context.getResources().getIdentifier(resName, "drawable", context.getPackageName());
if (id == 0) { //エラーにはならない
throw new FileNotFoundException("Not Found - " + resName);
}
return BitmapFactory.decodeResource(context.getResources(), id);
}

//メインでは... (※例外処理は省略)
String resName = "sample"; //"res/drawable-nodpi/sample.jpg" 等
Bitmap bitmap = loadBitmapResource(resName, this); //this は起動した Activity が良い(Context)

例外処理は手抜きしてるので、必要に応じて適当に。

リソースIDで画像読み込みを行うならば、return 文の1行だけでも良い。

Bitmap bitmap = BitmapFactory.decodeResource(getContext().getResources(), R.drawable.sample);

ただ、ファイル読み込みでは通常、String 型のファイル名等がほとんどなので、int 型のリソースID形式でコードを大量に書いてしまうと汎用性の面では劣る。例えば、リソースIDが割り振られない場所(assets フォルダ等)に移動したときなどは、コードの大幅修正が必要になる。後々の使い回しも考えてコーディングするなら、String 型のリソース名で書いておいた方が、修正も楽だろう。ファイル名やリソース名は設定ファイル等に書いておき、メインコードを interface などを噛ませて置けば、ほとんど修正しなくて良いという利点がある。そういうときに利用すると良い。


(関連記事)
【Android】リソース名で、res/drawable-~ フォルダから、画像を読み込む(Drawable)
【Android】res/raw リソースフォルダからテキストファイルを読み込む
【Android】画像リソースIDをコードで取得する
【Android】アプリ名 app_name タグをコードで取得する
【Android】assets フォルダから画像ファイルを読み込む
【Android】SDカードから画像ファイルを読み込む
【Android】内部ストレージから画像ファイルを読み込む
【Android】【Applet】【Java】テキストファイルの読み込み・保存 まとめ


関連記事
スポンサーサイト



category: Android

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: 画像ファイル読み込み 
tb: 0   cm: --


トラックバック

トラックバックURL
→http://fantom1x.blog130.fc2.com/tb.php/138-1c6aa806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR

▲ Pagetop