FC2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム » ゲーム »Android と Applet の完全互換アプリを作ってみた

Android と Applet の完全互換アプリを作ってみた  


 以前に作った Android と Applet の互換コーディングを使って簡単なサンプルを作ってみた。内容的には CG Puzzler を Android でそのまま動かせるコードにした感じなんだけどね。せっかくなので、ちゃんとしたシステムみたいにしてみた。簡単なものだけど、いくらでも発展できるように作ってあるので、いつか本格的に作ってみても良いかもね。

 とりあえず、各ステージごとに色々設定を変えてみて実験してみた感じなので、ゲームバランスはあまり良くないかも(笑)。ステージ1が一番難しい気がするね。このステージはスライドパズルにグレースケール(白黒)変化を加えてみたのだが、正しい位置に置いたときのみ色が付くので、それをヒントに並べることができるというもの。デジタルならではだね。ゲームとしてはなかなか面白い。

 ステージ2は番号付きのスライドパズルだが、制限時間を付けてある。でも今までとあまり変わらないので、新味はないかな。このパズルが得意な人にとっては簡単過ぎる気がする。

 ステージ3はモザイクフィルタに時間制限を付けたもの。あまりステージ2と変わらないが、上から正しい順に揃っているものだけ表示するようにしてみたら、少し脱衣っぽくなった(笑)。全部並べれば見えるという仕掛け。これもデジタルじゃないとできないので、良いかも知れないね。制限時間はあまり余裕がないように設定してあるので、悩んでいたらタイムアップになるだろう。コンティニュー(STAGE SELECT)ははじめから付いているので、何度でも挑戦できるけどね。

 CGモードはギャルゲ風に(笑)。これはイラスト作者のこばPさんが欲しいと言っていたので、作ってみた。うん、確かに達成感があって良いかも。

 コーディングの考え方はフレームワークの記事の通り。ただの実験だけど、やってみるとマルチプラットフォームみたいなやり方がわかったので、これからはこの手法で色々作ってみよう。Java は Applet、iアプリ、Android のように色々プラットフォームがあるが、そのたびに書き換えるのって面倒なんだよね。ハードウェアの違いは仕方ないが、ソフトウェアである程度違いを吸収できるなら、それに越したことはない。

 最新の Android もタブレットとの親和性も考えて、機種ごとのスクリーンサイズなども、だんだんOSやハードウェアが吸収してくれるように設計されてきているみたいだしね。本当は Android も iPhone も1つのコードで作れたら、開発者はかなり楽なんだけどね。昔のバージョンは少しだけできたらしいけど(Java を Objective-C に自動変換するソフトがあった)、今はアップル公認の開発ツールと正規の AppStore でないと動かないみたいだしね。もう少しアップルがオープンになってくれたら良いのにな…。


※イラスト:こばP さん


(関連記事)
Android と Applet の互換ってできるもんだね
【Android】【Applet】【Java】interface と abstract の使い方・違いとは~簡単なフレームワークを作って、考えてみる
【Android】【Applet】【Java】interface を使って独自のラッパークラスを作る
【Android】【Applet】【Java】interface を使ってインスタンスを生成する


関連記事
スポンサーサイト



category: ゲーム

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: サンプル 
tb: 0   cm: --


トラックバック

トラックバックURL
→http://fantom1x.blog130.fc2.com/tb.php/145-3cccf7cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR