FC2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム » C# »【C#】連想配列(Dictionary)を値 or キーでソート

【C#】連想配列(Dictionary)を値 or キーでソート  


 このテーマはググればいくらでも出てくるので、どちらかというと自分用メモ。先に述べてしまうと、初めの LINQ 的な書き方が一番簡単だろう。ただ、他の方法もあったので、それも少しまとめてみた感じ。色々な書き方を知っておくと、他言語に移植するとき等にも役に立つからだ。




■IEnumerable でのソート (LINQ)

 LINQ (System.Linq) が使えるなら、とりあえずこれを使うのが一番楽だろう。内容的には Enumerable(IEnumerable) を使うことになる。キーでのソートも、値でのソートもプロパティを変えるだけで同様にできる。

●値でのソート (IEnumerable)
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;

Dictionary<string, int> dic = new Dictionary<string, int>() {
{ "Becky", 85 },
{ "Daisy", 72 },
{ "Alice", 95 },
{ "Eliza", 78 },
{ "Cindy", 100 },
};

var sorted = dic.OrderBy((x) => x.Value); //昇順
//var sorted = dic.OrderByDescending((x) => x.Value); //降順

foreach (var v in sorted)
{
Console.WriteLine(v.Key + " => " + v.Value);
}

Daisy => 72
Eliza => 78
Becky => 85
Alice => 95
Cindy => 100

 コメントアウトの方は降順になる。キーでのソートはソート対象を変えるだけで良い(x.Value → x.Key に変更)。

●キーでのソート (IEnumerable)
var sorted = dic.OrderBy((x) => x.Key);  //昇順
//var sorted = dic.OrderByDescending((x) => x.Key); //降順

Alice => 95
Becky => 85
Cindy => 100
Daisy => 72
Eliza => 78




■KeyValuePair の List でのソート (ラムダ式)

 これはキーと値のペア(KeyValuePair)のリストを作って、それをソートする方法だ。他の言語でもよく使われる方法なので、覚えておくと役に立つ。List.Sort() はラムダ式が使えるようなので、簡潔に書くことも可能だ。

●値でのソート (KeyValuePair の List と ラムダ式)
using System;
using System.Collections.Generic;

Dictionary<string, int> dic = new Dictionary<string, int>() {
{ "Becky", 85 },
{ "Daisy", 72 },
{ "Alice", 95 },
{ "Eliza", 78 },
{ "Cindy", 100 },
};

List<KeyValuePair<string, int>> list = new List<KeyValuePair<string, int>>(dic);
list.Sort((a, b) => a.Value - b.Value); //昇順
//list.Sort((a, b) => b.Value - a.Value); //降順

foreach (var v in list)
{
Console.WriteLine(v.Key + " => " + v.Value);
}

Daisy => 72
Eliza => 78
Becky => 85
Alice => 95
Cindy => 100

 コメントアウトの方は降順になる。キーでのソートはソート対象を変えるだけで良い(x.Value → x.Key に変更)。なお、比較には CompareTo() を使っている。

●キーでのソート (KeyValuePair の List と ラムダ式)
list.Sort((a, b) => a.Key.CompareTo(b.Key));  //昇順
//list.Sort((a, b) => b.Key.CompareTo(a.Key)); //降順

Alice => 95
Becky => 85
Cindy => 100
Daisy => 72
Eliza => 78




■KeyValuePair の List でのソート (delegate)

 これは上記のラムダ式版の別表記と言っても良いのだが、改めて delegate を使えると覚えておくと、例えば、リアルタイムにソート方法を変更するような実装もできると考えることができる。まぁ、引き出しは多いことに越したことはない。

●値でのソート (KeyValuePair の List と delegate)
using System;
using System.Collections.Generic;

Dictionary<string, int> dic = new Dictionary<string, int>() {
{ "Becky", 85 },
{ "Daisy", 72 },
{ "Alice", 95 },
{ "Eliza", 78 },
{ "Cindy", 100 },
};

List<KeyValuePair<string, int>> list = new List<KeyValuePair<string, int>>(dic);
list.Sort(delegate(KeyValuePair<string, int> a, KeyValuePair<string, int> b) {
return a.Value - b.Value; //昇順
//return b.Value - a.Value; //降順
});

foreach (var v in list)
{
Console.WriteLine(v.Key + " => " + v.Value);
}

Daisy => 72
Eliza => 78
Becky => 85
Alice => 95
Cindy => 100

 コメントアウトの方は降順になる。キーでのソートはソート対象を変えるだけで良い(x.Value → x.Key に変更)。なお、比較には CompareTo() を使っている。

●キーでのソート (KeyValuePair の List と delegate)
list.Sort(delegate(KeyValuePair<string, int> a, KeyValuePair<string, int> b) {
return a.Key.CompareTo(b.Key); //昇順
//return b.Key.CompareTo(a.Key); //降順
});

Alice => 95
Becky => 85
Cindy => 100
Daisy => 72
Eliza => 78




■KeyValuePair の List でのソート (IComparer)

 ICompare(Comparer) も使えるのでやってみよう。このような比較関数(クラス)は他の言語でもよくあるので、移植もしやすい。ちなみに以前書いた Java での連想配列(Map)でのソートと全く同じ構成となる。

●値(or キー)でのソート (KeyValuePair の List と IComparer)
using System;
using System.Collections.Generic;

public static void Main()
{
Dictionary<string, int> dic = new Dictionary<string, int>() {
{ "Becky", 85 },
{ "Daisy", 72 },
{ "Alice", 95 },
{ "Eliza", 78 },
{ "Cindy", 100 },
};

List<KeyValuePair<string, int>> list = new List<KeyValuePair<string, int>>(dic);
list.Sort(new MyComparer<string, int>());

foreach (var v in list)
{
Console.WriteLine(v.Key + " => " + v.Value);
}
}

//比較クラス(関数)
public class MyComparer<K,V> : IComparer<KeyValuePair<K,V>>
where K : IComparable
where V : IComparable
{
public int Compare(KeyValuePair<K,V> a, KeyValuePair<K,V> b) {
return a.Value.CompareTo(b.Value); //値 昇順
//return b.Value.CompareTo(a.Value); //値 降順
//return a.Key.CompareTo(b.Key); //キー 昇順
//return b.Key.CompareTo(a.Key); //キー 降順
}
}

Daisy => 72
Eliza => 78
Becky => 85
Alice => 95
Cindy => 100

 上記の例では1つのクラスでまとめてしまったため、型パラメーターの制約を複数書いてしまっているが、値のみ(V)・キーのみ(K)とわかっているなら、制約はどちらかだけでも良い。同じようなことは delegate 版でもできると思うが、1つのクラスにまとめた利点としては、プロパティなどを追加して、いつでもソート方法を変更できる・同じソート方法を共有できること等にある。用途に合わせて使い分けるのも良いだろう。




■キーと値の2つの配列でのソート

 もう1つ、今回の連想配列のテーマからは少し外れるのだが、C# には「ソート対象となる1次元配列と、その項目に対応する別の1次元配列」をソートできる Array.Sort(Array, Array) がオーバーロードされている。まるで連想配列をソートするような感じになる。

●キーと値の2つの配列でのソート
using System;
using System.Collections.Generic;

public static void Main()
{
string[] name = {"Alice", "Becky", "Cindy", "Daisy", "Eliza"};
int[] value = {95, 85, 100, 72, 78};

Array.Sort(value, name); //昇順
//Array.Sort(value, name, new RevComparer<int>()); //降順

for (int i = 0; i < value.Length; i++)
{
Console.WriteLine(name[i] + " => " + value[i]);
}
}

//逆順(降順)
public class RevComparer<T> : IComparer<T> where T : IComparable
{
public int Compare(T a, T b) {
return b.CompareTo(a); //降順
}
}

Daisy => 72
Eliza => 78
Becky => 85
Alice => 95
Cindy => 100

 引数は Array.Sort(ソート対象の配列, 対応する配列, [IComparer]) となっている。

 ちなみに、コメントアウトされている「RevComparer」(逆順用 Comparer) で降順ソートすると結果は以下のようになる。

Cindy => 100
Alice => 95
Becky => 85
Eliza => 78
Daisy => 72

 ソートのキーとなる配列と値の配列(項目に対応する配列)は別々に作るので、型に自由が利くのが特徴だ。値の配列は何でも良いので、クラスや構造体の配列などをソートすることもできる。普段はクラスや構造体でデータを保持しておいて、ソートしたいときだけキーとなる配列を生成する等もできるだろう。

 Comparer(RevComparer)などもあらかじめ static で作っておけば(int など利用頻度が高い型を別に作っておけば)、毎回 new しなくて済むので実行速度がはやくなる。色々工夫してみると良いだろう。


(関連記事)
【C#】2次元配列(ジャグ配列・多次元配列)のソート
【C#】多次元配列とジャグ配列(2次元配列)のサイズ(長さ)、相互変換など


スポンサーサイト

category: C#

thread: プログラミング

janre: コンピュータ

tag: C#  連想配列  配列操作  ソート 
tb: 0   cm: --



トラックバック

トラックバックURL
→http://fantom1x.blog130.fc2.com/tb.php/233-ddbb6167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR

▲ Pagetop