FC2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム » Unity »【Unity】5ボタンマウスの KeyCode 図解

【Unity】5ボタンマウスの KeyCode 図解  


 Unity の UI 操作でも、マウスのバックボタンが使えたら少し便利かな、と思って調べてみたら、簡単だった(笑)。早速「VRM Live Viewer」に導入してみたら、結構良い感じ。クリティカルでない「はい/いいえ」の2択を「進む(フォワード)/戻る(バック)」ボタンで操作できたら、色々楽になるかもね。

 何でも図や表にしておくのは、ただの私のクセ。まぁ、何度もマニュアルを見て探すのが億劫なので、一見してわかるものが欲しいだけなんだけどね(笑)。

KeyCode

(※) Unity 2018.4.6f1 / Windows10(x64) で確認



■マウスのボタンと KeyCode 対応図


 あくまでもデフォルト状態なので、専用ドライバ等でカスタマイズしてる場合は定かではない。たぶん、ゲーミングマウスみたいな多ボタンマウスも 5~n で行けるんだろうね(※未確認)。

 判定するメソッドは Input.GetKey / GetKeyDown / GetKeyUp などお好みで。

 Input.GetMouseButtonDown(int) などでも引数の番号を入れれば、マニュアルには 0~2 までしか書いてないが、3, 4 でもバック/フォワード判定できるみたい

 ホイールの Input.mouseScrollDelta はオマケ(笑)。

(マニュアル)
KeyCode
Input.GetKey
Input.GetKeyDown
Input.GetKeyUp
Input.GetMouseButton
Input.GetMouseButtonDown
Input.GetMouseButtonUp
Input.mouseScrollDelta
Input.GetAxis



[マウス イラスト素材]
無料イラスト素材倉庫 (※少し加工)






(関連記事)
【Unity】【C#】KeyCode をリアルタイムで調べる / Windows 日本語キーボードでの記号の KeyCode 一覧
【Unity】【C#】長押し(ロングタップ)を取得してコールバックする
【Unity】【C#】スワイプ(フリック)を判定、方向を取得してコールバックする
【Unity】【C#】ピンチ操作を取得してコールバックする
【Unity】【C#】ゲームパッドの右スティックを使えるようにする


関連記事
スポンサーサイト



category: Unity

thread: ゲーム開発

janre: コンピュータ

tag: Unityリファレンス  図解 
tb: 0   cm: --


トラックバック

トラックバックURL
→http://fantom1x.blog130.fc2.com/tb.php/334-8e1d822b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR