FC2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム » アプリ »【VRMLiveViewer】バージョンによる差異について

【VRMLiveViewer】バージョンによる差異について  




※このページは「VRM Live Viewer のメインページ」から分離したページです。
主にバージョンによって変わった部分(見た目)や使用ライブラリ(UniVRM, MToon 等)のバージョンなどの情報を掲載しています。
また、最新の試用版(Androidのみ) / 過去のバージョンのアーカイブ(大きく変更されたバージョンのみ)もDLできます

それ以外の使用方法(ヘルプ)などはメインページの目次から探してみて下さい。
>> VRM Live Viewer メインページ目次


その他の情報は、以下に掲載されています。
・補足説明
・既知の問題(不具合など)
・更新履歴(アップデート・修正情報)
・背景GLTFの設定リスト(使用例)
・GLBで背景モデルを自作する




■Android の試用版 (Trial) ダウンロード

 Android は上書きのダウングレードができないため、以前のバージョンに戻すことができません。そのため、試用版 (Trial) を別アプリとしてインストールし、試せるようにして置いてあります(※Trial となってますが、内容は通常版と同じです)。

 見た目などが気になる方は、一度試用版 (Trial) で確認し、問題なければ、通常版のインストールを行って下さい。

(Google Drive を利用)


Android 5.0以上 (※6.0以上推奨)




■バージョンによる差異について

 内部ライブラリである UniVRMやシェーダ(MToonも含む)、3Dエンジン Unity 更新により、バージョンによって見た目が大きく異なる場合があります。

※ヘルプ[]ボタン>クレジット 画面で内部ライブラリのバージョンが見れます

VRM Live ViewerUniVRMMToon影響のある修正内容備考
0.51β以前0.421.3 -- --
0.52~0.54β0.46c1.7UniVRM ReleaseNote v0.44(ja)
UniVRM ReleaseNote v0.45(ja)
--
0.55~0.74β0.491.7 (*1)UniVRM ReleaseNote v0.49(ja)(*1) 本来なら1.8だが、光源反映の影響範囲が大き過ぎるため、ダウングレードで対応。
0.75~0.86βPC版のCRS Stageの一部影を無くし、軽量化(Android版は元から影処理が軽量)
0.87~0.99β0.533.2UniVRM ReleaseNote v0.52(ja)
UniVRM ReleaseNote v0.53(ja)
MToon が v3.2 となり、環境光の反映や影の感じが変わりました。Issue 等を見てみると、環境光反映との相殺で影が打ち消されている可能性があります。今後のバージョンアップで対応されるか否かはわかりません。
1.0~1.1Standard Shader の Fade モードと Emission が反映されなかった不具合が Fix されました。
1.2~1.9Unity2018以前のライティング設定を最新にアップデートしたことにより、GLB/GLTFなど Standard Shader を使っている素材に環境反射光(拡散光)が入るようになりました(屋内でも明るくなる)。
1.10~1.210.553.2UniVRM ReleaseNote v0.54(ja)
issue #301 / PR #339
issue #375
1.22~1.240.613.4UniVRM ReleaseNote v0.61(ja)
・MToon 3.4 PR #98
--
1.25~1.280.623.4UniVRM ReleaseNote v0.62(ja)
・MToon 3.4 PR #98
--
1.29~1.34
2.0以降
0.663.5UniVRM ReleaseNote v0.66(ja)
・MToon 3.5 PR #104
--


 特に Android をご使用の方は試用版を用意しましたので、アップデート前に試用版で動作確認後、本アプリをアップデートするか否かを検討して下さい。Android は上書きのダウングレードができないため、以前のバージョンに戻すことができません。十分注意してインストールして下さい(OSの仕様)。必要であれば、過去のバージョン(試用版)も使って下さい(※別のアプリとしてインストールされます。Trial となってますが、内容は通常版と同じです)。

>>最新バージョンの試用版はこちら

 Windows の場合は、別フォルダを作って使用すれば、過去のバージョンも併用して使えます。
※ただし、1.0以降と0.99β以前とは内部データの実装が異なるため、併用して使った場合、0.99β以前と1.0以降で別々に保存されるものがあります(シーン、フォルダブラウザの履歴、個々のBVH, GLTF/GLB, 360度画像, 音楽の遅延再生設定など)。1.0以降は0.99β以前のデータを自動変換して扱います。
※マイナーバージョンでも機能追加のため、細かい仕様が変更されている場合があります。バージョンごとの詳細情報は「補足説明」に掲載してあります。通常、ダウングレードは一部のデータが損失される可能性があるため、あまり推奨はされません。利用の際はご注意下さい
(設定パネル上部にがあるものは、ファイルにデータをバックアップすることができます。最新バージョンで保存しておくと互換性が高いです)。



●環境光の反映などのため、陰影の感じが変わっています[※PC, Android 版両方]
v0.51β以前
v0.52~0.86β

v0.87β以降

●シェーダーの追加/環境光の変更などにより、影の付き方や、一部表現されてなかったものが表示されます
[※PC, Android 版両方]
v0.51β以前
v0.52~0.86β

v0.87β~1.1

v1.2 以降

●CRS Stage を軽量化するため、一部影の処理を無くしました(影の処理は負荷が高いため)
[※PC版のみ (Android版は元から軽量)]
v0.74β以前
v0.75β以降

●環境光の影響を軽減するため、光源色を Unity のデフォルトに変更しました(以前は少し青みがかっていたが、白っぽくなった)。
また、1.0以降では StandardShader の Emission / 1.2以降では拡散光が反映されるようになりました。
[※PC, Android 版両方]
v0.86β以前
v0.87~0.99β
v1.0以降 (Emission を使ってる部分が光る)
v1.2以降 (環境反射光[拡散光]が入るため明るくなる)


●シェーダーが環境光の影響を強く受けるようになったため、影が薄くなる(消える)場合があります。
[※PC, Android 版両方]
v0.86β以前
v0.87β以降
・rurimira / @thanlore

v1.9以前
v1.10以降
v1.9以前
v1.10以降

sea of star / Hedgehog Boo (CC BY 4.0)
3D 背景設定ファイルsea_of_star_scene.json (※名前を付けてリンク先を保存)
Hampton Lake Dam (Post Hurricane Irma) / likeonions (CC BY 4.0)
3D 背景設定ファイルhampton_lake_dam_post_hurricane_irma_scene.json (※名前を付けてリンク先を保存)


 特に VRoid に関しては「既知の問題」にあるように、VRoid Studio 0.1.x でエクスポートしたものはかなりギラ付くようです。その際は最新版の VRoid Studio で再エクスポートすれば、修正されます。同様に UniVRM 0.42以前にエクスポートしたものは、最新の UniVRM でエクスポートすれば、ある程度修正されます。




■過去バージョンのダウンロード

 過去バージョンも置いておきますので、必要な方はダウンロードして使って下さい。

[Windows 版] (※別フォルダに分ければ共存できます)
>>Windows 0.86β をダウンロード

>>Windows 0.99β をダウンロード

※1.0以降と0.99β以前とは内部データの実装が異なるため、併用して使った場合、0.99β以前と1.0以降で別々に保存されるものがあります(シーン、フォルダブラウザの履歴、個々のBVH, GLTF/GLB, 360度画像, 音楽の遅延再生設定など)。1.0以降は0.99β以前のデータを自動変換して扱います。
※マイナーバージョンでも機能追加のため、細かい仕様が変更されている場合があります。バージョンごとの詳細情報は「補足説明」に掲載してあります。通常、ダウングレードは一部のデータが損失される可能性があるため、あまり推奨はされません。利用の際はご注意下さい
(設定パネル上部にがあるものは、ファイルにデータをバックアップすることができます。最新バージョンで保存しておくと互換性が高いです)。


>>Windows 1.9 をダウンロード

>>Windows 1.23 をダウンロード

>>Windows 1.34 をダウンロード


 Android は OSの仕様上、ダウングレードができないので、試用版となります(※別のアプリとしてインストールされます。Trial となってますが、内容は通常版と同じです)。
[Android 版]
>>Android 0.99 試用版をダウンロード ※Android 4.4以上 (※5.0以上推奨)


>>Android 1.9 試用版をダウンロード ※Android 5.0以上 (※6.0以上推奨)


>>Android 1.23 試用版をダウンロード ※Android 5.0以上 (※6.0以上推奨)


>>Android 1.34 試用版をダウンロード ※Android 5.0以上 (※6.0以上推奨)


>>最新バージョンの試用版はこちら






(関連記事)
【VRMLiveViewer】VRM(VRoid)をライブステージで踊らせるアプリを作ってみた
【VRMLiveViewer】補足説明
【VRMLiveViewer】既知の問題(不具合など)
【VRMLiveViewer】更新履歴(アップデート・修正情報)
【VRMLiveViewer】背景GLTFの設定リスト(使用例)
【VRMLiveViewer】【Unity】GLBで背景モデルを自作する


関連記事
スポンサーサイト



category: アプリ

thread: ソフトウェア開発

janre: コンピュータ

tag: VRMLiveViewer 
tb: 0   cm: --


トラックバック

トラックバックURL
→http://fantom1x.blog130.fc2.com/tb.php/361-5207458a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR

▲ Pagetop