FC2ブログ
ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog? ホーム » ゲーム »トランジション効果を入れてみたり・・・

トランジション効果を入れてみたり・・・  



Android エミュレータ

 Applet版ではメッセージ機能を付けてはあるんだけど、Android版では更にこの機能に簡単なパーサー機能を付けてみて、アドベンチャーパートっぽくできるように実験中なのだが、実際に動かしてみると、すいすい進み過ぎて少し物足りない。というわけで、わざわざアドベンチャーゲームによくあるような画面効果=トランジション機能を自作してみた。

 とりあえずパーサーが吉里吉里っぽいタグ仕様にしてあるので、内容的にも同じようなものにして、トランジションルール画像を用いる方法とクロスフェードのようなものを作成。といっても効率良い方法はよく知らないので、試しにアルファチャンネルを変化させるようなプログラムにしてみたら、それっぽくなった。

 クロスフェードの方は Paint オブジェクトのアルファ値をタイマーで変化させるだけで良いので簡単だが、トランジションルール画像はピクセル単位で変化させているので、少し重いかな。でも実機で動かしたら、そんなに問題なさそう。1回の効果を 125ms 間隔くらいで 2000ms(2秒間) くらいで変化させる分にはスムーズに行く。

 ぐるりと回転するように背景が消えていったり、上からす~っとキャラが現れたり、逆に消えたり・・・。やっぱりアドベンチャーパートにはこういった効果があった方がしっくり来るね。別に無くてもゲームに支障があるわけじゃないけど、これは制作者のこだわりかな(笑)?

 選択肢などはPCと違って、メッセージレイヤーに書くと小さすぎて、指で上手く選択できないので、中央にダイアログっぽいのを出したりする工夫をしなければならないだろうけど、そういった機種に合わせた方法に置き換えれば、わりとこの仕様でも行けるかな。独自のタグを付け加えたり、なるべくメモリやファイルサイズを最小限にするために、オブジェクトを使いまわしたり、画像を動的に生成したり色々してるけど、上手く行けばそこそこのものが作れそう。


※シナリオ:月華夜奏さん
※キャラクター画像は「著作権フリー立ちキャラクター素材集」を使用しています。
※背景画像は「きまぐれアフター」と「ぐったりにゃんこ」のフリー素材を使用しています。

著作権フリーキャラクター素材集


(関連記事)
Android と Applet の互換ってできるもんだね


関連記事
スポンサーサイト



category: ゲーム

thread: ゲーム開発

janre: コンピュータ

tb: 0   cm: --


トラックバック

トラックバックURL
→http://fantom1x.blog130.fc2.com/tb.php/98-cbabd3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Social

検索フォーム

全記事一覧

カテゴリ

ユーザータグ

最新記事

リンク

PR